冬その他の花の名所案内
水仙の画像

冬から早春には野外では花数が減り、枯れ木々ばかりで寂しいいもの。そんな中でも、冬の寒さに耐えて、早春の野外をパッと明るく彩ってくれる花々があります。正月に見られるのが冬ボタン。これは、 温室を利用して人工的に春の状態にして咲かせて、鉢ごと野外に埋め込んだもの。さらに寒咲きのナノハナ(寒咲き花菜)は、冬の寒い時期から咲き始める品種で、話題を呼ぶことから植える場所が増えています。また、沖縄では1月、2月にかけて咲くのがカンヒザクラ。桜祭りも開催されますが、ソメイヨシノと比べると花びらは濃いピンク色に染まり、違った趣があります。最近、増えているのがアイスチューリップ。チューリップの球根を特殊な方法で冷蔵処理し、外気温との温度差により冬を疑似体験させ、咲かせたい時期に冷凍庫から出して徐々に外気温にならせながら生長させたチューリップで、まさに真冬で開花するチューリップの色合いには春を感じさせるほどです。

水仙の画像水仙の画像
水仙の画像
水仙の画像水仙の画像
水仙の画像水仙の画像
水仙の画像水仙の画像
水仙の画像水仙の画像
水仙の画像水仙の画像
水仙の画像
水仙の画像水仙の画像
水仙の画像水仙の画像
水仙の画像水仙の画像
水仙の画像水仙の画像